今更聞けない!引っ越しの時見落としがちがな手続きや家具選びの方法!

こんにちわ!

moguuuです。

多くのブログより当ブログを選んでくださりありがとうございますm(__)m

3月に入り、引っ越しシーズンとなりました。

高校生だった方は大学生となり。

大学生だった方は、社会人となり。

結婚するために引っ越したり、転勤のため引っ越したり。

この時期何かとバタバタしやすい時期ですよね。

引っ越しといえば、引っ越し業者も大切ですが、引っ越し後にもっとも大切な家具・家電ですよね。

特に家具は生活していくのに必要でありますし、長く使っていくならば気に入ったデザインのものを使いたい、と思う方が多くいらっしゃるかと思います。

今回は、今更聞けない!初めて引っ越し・一人暮らしをする方に見ていただきたい内容となっています。

引っ越しのときに見落としがちな手続きは?

引っ越し後は大切な手続きがたくさんあり、ついつい見落としがちです。

役所で住民票の手続きを行ったり、免許証を持っている方だと警察署へ行き住所変更を書き換えたり。

そんな中見落としがちなのが、国民健康保険関係の手続きです。

会社に勤めて、社会保険の加入をしているのならば不要です。

しかし国民健康保険に加入しており、他市町村へ引っ越しする場合は、国民健康保険喪失届と加入届が必要になります。

住民票を移動したときに、なんの手続きが必要かを聞いてみてください。

その時、マイナンバー・本籍地を記載した紙・印鑑・身分証明書・国民健康保険証があると、スムーズに手続きが出来ます。(印鑑は、市町村によっては「本人が手続きをするから」という理由で不要なところがあります。しかし、念のためもって行くと安心です。)

あと、マイナンバーの住所変更も併せて行うと何回も手続きのために役所へ行かなくてもいいので、一緒に行いましょう。

家具や小物類はどうしているの?

引っ越し費用は何かとかかるので、節約できるところがあれば節約したいものです。

小物系ならば100円均一でそろえたり、家具・家電だと最寄りのアウトレットを見て決めるのも一つの方法です。

中には、「家具は気に入ったものを永く使いたい!」という方もいらっしゃるかと思います。

最寄りのアウトレットを見て決めるのも引っ越し先のレイアウトをイメージしながらインターネットで注文するのも良いかもしれません。

ソファなどの大きな家具だと業者が置きたい場所まで運んでくれますし、組み立てが必要なものは代わりにやってくれます。

大きな家具だけでなく、カーペットやクッションなどのインテリア雑貨も扱っているサイトもあるため「レイアウトのイメージがしやすかったり」「どこのサイトになにを注文したか」という管理がしやすいですよ。



まとめ

1、引っ越し後の手続きは住民票の変更だけでなく、マイナンバーの住所変更と国民健康保険の手続きも忘れずに!他に手続きが必要なものがあるかわからない方は、住所変更をしたときに聞いてみましょう。

2、家具は、お店で見るもの楽しいですが、時間の関係や「今、車があれば見に行けるのに・・・。」という方がいらっしゃるかと思います。そんなときは、インターネットで調べるとすぐに家具を探せます。また、ソファなどの大きな家具は、業者が設置までしてくれますよ!

 

ここまで読んでくださりありがとうございますm(_ _”m)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です