入園・入学準備で細かい自分の持ち物には好きなデザインを使ったシールで名前をつけよう♪

こんにちわ!

moguuuです。

多くのブログから当ブログを選んでくださりありがとうございます(o^―^o)

3月に入り卒業シーズンとなり、約1か月後には入学シーズンとなります。

子どもの成長に嬉しい思い反面、あっという間に大きくなり寂しい思いを感じている方がいるのではないでしょうか。

保育園・幼稚園や小学校へ入園・入学する時に、園や学校側から「準備してほしいものリスト」を渡されるかと思います。

年齢によって準備する持ち物はバラバラですが、1つだけ共通する作業となるのが、自分の荷物に名前をつける作業です。


そもそもなんで荷物に名前を書くの?

園・学校からお話がある通り、自分の持ち物が紛失しないためです。

私が小学校の時、算数セットの中に入っていた「数え棒」(位の勉強に使っていた細い棒です。)に名前を書かないでいたら、1本無くしました。

位の勉強が苦手な私は、家で勉強する時にお母さんから「なんで棒が1本ないの!?」と怒られた記憶があります💦

こうならないようにするために、細かいものにも名前をつけましょう。

また、園や学校指定の持ち物グッズはみんな同じものを使うので、無くなっても園や学校も探すのに一苦労しますし、トラブルに発展する場合もあります。

それに名前をつけないといけない準備グッズは多くありますので、「面倒くさい」という思いはとても分かります。

ただし、そこをやるからこそ園や学校やクラスメイトとトラブルになることを減らすことができますよ(^^♪

準備グッズに名前をつける道具の種類

持ち物に名前をつける、と聞くと、「ペンで書く」というイメージがあるかと思います。

しかしここ数年、シャチハタ式の名前入れが出てきましたね。

スタンプ式になっているため、オムツなどゴワゴワしてペンで書きにくいものにはピッタリですね。

準備グッズの大きさや資材に合わせて使いやすく、値段もお手頃で作業時間がかからないもの、と考えるとシールタイプがおススメです。

サイトによりますが、準備グッズの大きさによってシールが大きいものや小さいものがあり、臨機応変に対応できるので使いやすいですよ。

また、鉛筆や算数セットに入っている数え棒などにもシールタイプがおススメです。

衣服に名前を付ける場合は、ノンアイロンシールです。

アイロンシールだと、アイロンを取り出す作業が必要です。

その反面、子どもたちがアイロンに触れないか心配で様子を見るため、極力なら子どもたちがいない時に使うか、お昼寝しているときに使いたいです。

しかしその時間を考えずに作業出来るのが、「ノンアイロンシール」です。

衣服なら、ナイロン製のタグに手で「ギュッ」と貼るだけでOKです✨

防水性も抜群なので、コップやお弁当箱などにも使えます。

また、文房具にも使えますよ!

まとめ

1、自分の持ち物に名前をつけることで、園・学校やクラスメイトとのトラブルを減らすことが出来ます。

2、自分の持ち物につける名前はとても面倒くさいですが、今は、シールタイプやノンアイロンシールなどバリエーションが多くなってきています。

また、デザインも幼すぎずシンプル過ぎないものと幅広いため、インターネットで調べてみてはいかがでしょうか。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です